パリブリュッセル第2回目(2010)の旅行記(その9)

過去旅について書いています。

昨年連載した、2008年の第1回目のパリブリュッセルに続く、第2回目(2010年)の旅行記です。

以下に、これまでの旅行記のリストのページを貼っておきます。

6月19日土曜日。前回からの続きです。

上に載せた2つの映像は、ジャックブレル(1929-78)の1962年の作品で、そのものズバリ、Bruxellesブリュッセルという曲です。

ブレルは、私は、ここで、1900年のブリュッセルを描いた。私の子ども時代のブリュッセルでないのは、あまり好きになれなかったし、たいして語ることもないから。はっきり言うと、ブリュッセルでもボルドーでもどこでもよかったんだ(永瀧達治訳。アナログ盤の大全集解説より)と話していました。

ブレルの少年時代というのは、まさに、当時のナチスドイツの侵攻が始まった頃で、2003年に解禁となった、最晩年(1977年)の作品mai401940年5月にも、そのことが歌われています(他にも、1966年のmonenfance子どもの頃などにも)。

そういうこともあってか、このBruxellesブリュッセルという作品では、ブリュッセルが、最も華やかで、輝いていた頃。おじいさんや、おばあさん(祖父母)の若かりし頃が描かれているのです。最初の映像は、そのこともあって、選んでみました。また、2番目の動画は合唱で、ドイツとの国境に近い、フランスの街、ィサンブール(ドイツ名ァイセンブルク)の、大修道院での収録だということです(2012年6月)。

ブリュッセルという作品は、実はもう1つあり、全詞集ToutBrelにも歌詞が掲載されていますが、1953年以前の若書きであり、音源は、存在しないのか、残念ながら見つかっていません。詞を見る限りでは、この頃の他の作品同様に、抒情的で、多分にメランコリックな印象も受けますが。

とにかく、ブリュッセル、そしてベルギーと、切っても切れない関係とも言えるジャックブレル。ブリュッセル市内には、彼の名を冠した、ユースホステルもありますし(評判は良いようで、ガイドブックにも掲載されています。ブレルと、直接関係はなさそうですが、現在でも、6000〜8000円程度で予約が出来るようです)、メトロ5号線(ブリュッセルでも、メトロといいます)にも、そのものズバリ、JacquesBrel(ジャックブレル)という駅があります。残念ながら、まだ行けてはいないのですが、ターミナル駅の1つ、西駅の、隣の駅となります。観光客向けの駅とは、まったく言えないのですが、すぐ近くに、これもBrelの名を冠した車体整備店がありますし、他に、大病院(サンタンヌサンレミ病院)もあるようです。

さて、前回の続きです。

グランプラスに、突然の雨をもたらしたこの私は、王の家(市立博物館)に続いて、ビール博物館にも入館しました。

グランプラスの南のグループに属し、王の家の正面にある、市庁舎のすぐ隣の区画に、このビール博物館があります。あいにく、この館に関する映像は、動画サイトでは見つけることが出来ず、入場券らしきものも、手もとにはありません(なかった今回、王の家と、ビール博物館は、現金払いです)。あるのは、オランダ語、フランス語、英語の、3国語で書かれたパンフレットのみです。入場料も、ガイドによってマチマチなので、はっきりとは言えませんが、ビール1杯込みで6ユーロとしてあるものが正しいかも知れません。

この博物館は地下にあり、規模としては、とても大きいとは言えない、小規模なものです。主に、スクリーンによる映像解説がほとんどだったと思います(言葉が分からないと、少し厳しいかも)。

この見学が終わると、いよいよビールとなるわけですが、確か、その、酒場のおやじ(店主)に入場料を払って、見学が終わったらこちらへという感じでしたかね(違っていたらゴメンナサイ)。何ぶん、7年も前の話なので、このあたりは、記憶もイマイチです。

ただ、この場所で、1つだけ、記憶が鮮明な出来事がありました。それが、このすぐ後のことです。

ダークだったかアンバーだったか。

確か、2種類のビールから、どちらかを選んでオーダーするのですが、そうすると何と、店主が、直にグラスに注いで、手渡してくれるのです(どちらを選んだかまではちょっと)

そこで、ベルギーのフランス語PART2

酒場のおやじ(店主)が、私に、グラスに注いだビールを差し出してひと言。

silvousplait(さあ、どうぞ)

これであれっと思われた方は鋭いです。

そう、このsilvousplait(スィルプレ)って、普通は、こちらから言う、お願いします(英語のplease)のことですよね。

どうぞにも、いろんな表現がありますが、servez-vousjevousenprieのように、普通は、jevousenprie(ジュザンプリ)を使います。

この、物を差し出しながら言う、silvousplaitが、ベルギーのフランス語だと言えるのですが、これは、ある意味、正しいフランス語でもあります。silvousplaitという言葉は、決まり文句として、すでに定着していますが、元の意味をたどれば、もし、あなたのお気に召すのなら(良いのですが)ということですから。

あまりに威勢よく言われたので、こちらも言葉を失ってしまいました(こちらは、普通にmerciと言えば良いだけのことなんですけどね)。ベルギーではこう言うということは、あらかじめ、本で読んで知ってはいましたが、実際に言われると、ちょっと驚いてしまうものです。

ちなみに、オランダ語では、普通に、(アルステュブリーフト)(silvousplaitと同じ意味です)を、お願いしますどうぞの両方の意味で使います。ベルギーでの、どうぞのsilvousplaitは、もしかすると、このオランダ語の用法に影響を受けているのかも知れません。

さて、この後は、いよいよ、editionsJacquesBrelへと向かうわけですが、ここで、ベルギーの、もう1人の代表的歌手、JohanVerminnen(ヨハンァーミネン)(1951-)の代表作、Brussel(1976)も紹介しておくことにしましょう。彼は、ブリュッセルの北西の郊外、ウェメル(Wemmel)の出身ですから、オランダ語の話者、歌手となります。

彼については、次の記事で採り上げていますので、興味のある方は、どうぞ、ご覧ください。

グランプラスを抜け、小便小僧のある角を左に曲がり、坂を登って行くと、ィエイユアルオーブレという小さな広場がありますが、この一角に、editionsJacquesBrel(ブレル記念館)があります。ブレルの次女、フランスさん(1951-)が、1981年に立ち上げた財団、FondationJacquesBrelによる運営で、ブレルの作品、生き方を広く知ってもらうための資料の収集の他、がんと闘う人や、入院している子どもたちへの支援も行なっています。記念館の規模は、大きなミュージアムということではなく、展示(エクスポジション)だということですが、ブレルファンにとっては、まさに聖地そのものです。

2008年、ブレルの没後30周年を機に、展示替えが行なわれ、JAIMELESBELGE(私は、ベルギー人が好きだ)が、新しいテーマとなりました。同タイトルで発売されたDVDは、当館の監修であり、当館で聴ける、数のインタビューも、そのまま収録されている、言ってみれば、音声版図録そのものです。

この2010年に行ったときは、学生()の団体さんが来館されていた上に、音声も、オーディオガイドでしか聴けなくなっていました(団体さんがいたからかどうかは分かりませんが、プチリニューアルは、したみたいです)。

前回は、買い物で失敗し、今回は見学で失敗かよと、ツッこみたくもなりましたが、クレームを言うのも何なので、そのまま、一通り見て、展示室を出ました。ですが、後でチケットの料金を確認してみたところ、通常の8ユーロではなく、本当ならば、外国人の私には、当然適用されるはずのない、特別割引料金(学生/シニア/身障者/団体)の5ユーロとなっていたので、良心は感じました。さすがですね。

せっかくなので、この展示で聴ける、超レアな作品、ledocteur(1977年の未発表作。ブリュッセルなまりによる、モノローグ2編のうちの1つです)も載せておくことにしましょう。この作品は、現在では、2013年(没後35周年)に発売された、最新版の大全集suivreletoieで聴くことが出来ますが、こちらも、あくまで限定盤となっています。

さて、今回はもう、買い物で失敗したくはありません。

WANTLISTも、ちゃんと作って持って行きました。

それでも、100というわけにもいきません。当然、販売リストには載っているものの、すでに品切れ、販売終了となったものもいくつかあります。その代表が、自作の映画、Franzフランツ(1971バルバラとの共演でも話題となりました)と、leFar-West西部(1973とにかく風変わりな作品で、失敗作とも言われますが、音楽は好きです。オープニングに、1968年の最高傑作、jarrive孤独への道が使われている他、ジュリエットグレコらもカメオ出演しています)のシナリオでした(残っていたら、超貴重もいいところだったのに)。

私が購入できたのは、最初に採り上げた、シャンソン、Bruxellesブリュッセル(1962)の、直筆の歌詞のコピーがまずひとつ。

ブレルの字は乱雑で分かりにくい、という話もありましたが、この字を見る限りでは、普通に思えます(筆記体には違いないですけどね)。修正や、書き直しの跡はありますが、そんなに見にくいものではありません。

次に、ブレルの切手(ベルギー郵便の実物。1988年10月22日の消印付きです)が、台紙付きとなったもので、1枚のものは、フランス語オランダ語の2種類で、限定各500のうち、私が手にしたナンバーは、ともに439となっていました。

切手2枚のものは、表紙に、1枚ものと同じ、ベルギー郵便のものが貼られている他、フランス発行の切手も追加されており、こちらには、1990年6月16日の消印(フランス)が押されています。また、こちらは冊子状となっていて、中面には、フランス語のみですが、ブレルについてと、ブレル財団についての記述があり、その横に、lemoribond瀕死のひと(1961)の、直筆の歌詞のコピーが載っています。裏面には、財団の住所も記載されていますが、こちらは、ここへ移転する前の旧住所(かつては、植物園前の通りにありました)となっています。

これらの切手は、同僚へのおみやげにも買いましたね。

他に絵葉書も2種類買いましたが、忘れてはならないのが、ポスターです。

ブレルのステージ写真やジャケット写真、有名な、3大巨匠の会談(RTL1969年1月8日)の集合写真も撮影した写真家、ジャンピエールルロワール(1931-2010)の作品で、ベルギーとの国境に近い、フランスの都市ルーベ(Roubaix)で行なわれた、最後のコンサート(1967年5月16日)からの3枚の写真を合わせたポスター。これを、私は購入しました。どの写真も、映像で見るような、生き生きとした表情ばかりで、臨場感が感じられます(絵葉書の1枚も、同コンサートからの別ショットとなります)。このポスターは、現在、額に入れて、堂と部屋に飾っております。

あともう1つは、前回の初めにも書いた、ブレルの聖地巡礼マップ(inthefootstepsofBrelinBrussels英語)です。こちらは、けっこうディープな情報が載っていて、しかも地図ですから、分かりやすく、まさに、マニア必携のアイテムとなっています。これが入手できたのも、また嬉しかったですね。

ここでの会計時刻は、15時36分。帰りのThalys(タリス)は、南駅を17時37分発ですから、まあ、こんなものでしょう。また、これもありがちなことですが、カードリーダーが少し不調で、支払いが通るかどうか、ちょっと不安だったのですが、あの、ジョシュアジャクソン似(米ドラマFRINGEのピーター役)の、イケメンのお兄さん(前回の旅行記その11参照)ががんばってくれたおかげで、無事通りました。ちょっと胸をなで下ろしました。

ポスターや切手など、紙類の買い物が多かったので、本当に、突然の雨には気を揉みましたが、この頃にはすっかり止んでいて、これにもひと安心、といったところでした。

先日、このeditionsJacquesBrelからメールが届き、思えば、10年近くも続いた、このJAIMELESBELGESの展示も、来年(2018年)の1月7日土曜日をもって、終了となるそうです。来年は、いよいよ、没後40周年の記念の年となります。いまだ、行ける目途が立たないのが残念ですが、次回の新しいエクスポジション(展示)でも、音声版図録のDVDが発売されることを期待したいと思っています。

大変長くなりました。続きは、また次回にしたいと思います。

それではまた。

(daniel-bフランス専門)

JaimeLesBelgesDVDImport3590円

Amazon

SuivreLetoile

Amazon